スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告

上に戻る↑

今から凄く大事な事を言うぞ

いいか、すごく大事な事だぞ。

村正終わったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







あれ? 時代の波に乗り遅れてる?
まあいいや。

さて、なんだかぺはらと津路と下倉が何やらスマガのVFB用のインタビューとか受けてて自分はハブにされちゃった久しぶりのあっきゅんです、こんにちは。
上記でもあるとおり、ハブられちゃったのでVFBでもフューチャーされない背景に関する小ネタをぶっちゃけて密かにあっきゅんの支持率上昇と行くぜ。

スマガの舞台は言わずもがなとある都市がモデルになっています。街に行かないと感じとれない空気感やローカルネタをスタッフで共有するために取材まで行ったのもいい思い出。当時にストリートビューとかあればもう少し手を抜け、ゲフンゲフン。そんな独眼龍の人で有名なあの都市ですね。

しょっぱな第一回目はどこからいこうか。
うん、最初と言ったらここだな。

伊都夏市上空

「伊都夏市上空」です。
まあ、ネタと言うほどネタが入っているわけじゃないですがやはりスマガはここから始まり、ここで終わったような気がするしな。

という事でフューチャーだ。

この背景は製作当時、果たして上空何メートルあたりからの画にすると妥当か、という事で散々悩んだなぁ。
ここの背景のコンセプトはリアルな尺図で伊都夏市のミニスケールを表現する事、だったかな、自分としては。最初に見たときは知識とか無いわけだから学園とか天象儀とか見てもピンこないし何も思わない。だけども物語が進むにつれてユーザーが世界を理解し、把握する事で「あー、ここにこの施設があるんだぁ」と分かってもらえる様に大きさとかを細かく設定した覚えがありますな。

結局なところ、上空2000mくらいからの風景とかそういう設定にしたはず。
ちなみに画面右下の雲で見えないですがここに駅があります。

2009/10/15(木) 23:51:47スタッフ雑記:あっきゅん

上に戻る↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。